前へ
次へ

注文住宅なら外構工事も考慮が必要

自分たちの家を手に入れるとき、建売住宅ではなく注文住宅で建てたいと考える人は多いです。建売住宅はすでに建てられた状態で販売されており、下見が自由にできますし購入契約をすればすぐに住むことができます。一方注文住宅は更地の状態の土地から設計をしてもらい家を作っていきます。費用に関しても建売に比べるとかかるとされていますが、より自分たちに合う家ができるのであれば金額的な差は少なくなるでしょう。しかし予算の中に忘れてはいけないものがあるので注意しましょう。それは外構工事に関する費用で、住宅の周りの壁や門扉などが該当します。建物が費用が数千万円ぐらいになりますが、外構工事に関しても数百万円以上かかるのが一般的とされます。予算が足りないからと壁や門扉を作らない方法もありますが、セキュリティの面や見た目の面からするとある程度は作った方がいいこともあるでしょう。外から見たときの外観にも影響する部分なので、建物と一緒にデザインなどを考えた方がいいでしょう。

Page Top