前へ
次へ

遭遇機会の増加で知っておきたい外構工事の適用

地球温暖化が止まらない今の状況を世界中が憂えているにもかかわらず、二酸化炭素の排出量において世界でツートップを占めるアメリカと中国が、一向に二酸化炭素の排出量を減らす努力をしようとしていないのが現実です。そのために世界規模で多くの災害が発生しています。海水温度の上昇により、これまでよりもたくさんの台風が発生するようになり、しかも強い力を持ったまま日本をはじめとする世界各地に上陸するため、家屋に与える被害が甚大となっています。台風が通過した後には、家をとりまく塀やフェンスが倒れたといった外構工事の依頼が殺到し、順番を待つ人が一気に増えるのもおなじみとなりました。火災保険において風災被害が適用されれば、台風によって壊れた塀やフェンスの外構工事代金は保険で対応が可能です。外構工事は場合によってはかなり高額になるものも少なくないため、火災保険が風災被害に対応しているかどうかを知っておくと、台風一過で外構工事が必要になっても少しは気が晴れます。

Page Top